人生はギフト

One Day Diary
05 /31 2018
ダナン夕陽

ベトナム、ダナン・ホイアンで、しばしの休日を過ごしていましたが家族との最終日です。

私はハノイに、長男はバンクーバーに、夫は次男が待つ日本に戻ります。

ひょんなことで一緒に過ごせた休日でした。それぞれがまた、それぞれの場所に戻ります。

今朝の日の出、一緒に歩いた道や遠浅の美しい海。共に過ごせる限られた時間。

人生はギフトだとつくづく感じる日々でした。

ダナン海

ハイアット道


やっと看板が挙がりました!

One Day Diary
05 /18 2018


昨年の夏に引っ越してきた弊社事務所に、やっと看板が挙がりました。

起業したての頃は勢いがあったので看板の1枚くらい、いつでも挙げられるとばかりに思いあがっていたけれど、引っ越しは4回目、ご縁あって事務所が借りられて、本当にやっとのことで看板が挙がりました。

思い入れはあるものの、起業してもうすぐ15年目にして気恥ずかしい感じで見上げています。
今度、引っ越す時、この看板どうしよう・・・本店の自宅に持って帰るしかないな~と覚悟しました。。

ここまでやってこれたのは、応援いただいている皆さまのお陰です。心から感謝申し上げます。
今後とも、どうぞよろしく、お願い申し上げます!


ゲシュタルト崩壊

ゲシュタルト療法
05 /07 2018
シンクロにティ(共時性)の話。

今年の連休後半はゲシュタルト・セラピスト養成講座の東京合宿に参加しており、5月5日は自分のことで精いっぱいの日、バンクーバーにいる息子からのスカイプ電話に出られませんでした。

翌日に話してみると、SOSの電話だったのです。私に電話しても、つながらなかったので自分で何とかしたとのこと。
発端は突然音もなくiphoneが壊れたそうで、カナダで頼りになる人の連絡先は全てそのiphoneの中…頭が真っ白になったそうです。外国で身近な人には誰にも連絡できなくなって怖かったのでしょう。日本から持たせていた、もう一台のiphoneで私に連絡してきたのですけど、先述の通り。実は息子は弊社の事務所に引っ越したばかりで、まだ諸々の契約履行に立ち会わなければならない状況でした。自分で考えて交渉し決行するしかありません。連絡してきた声が上ずっていました。

「形あるもの(ゲシュタルト)は、いつか壊れる。それは仕方がないでしょう。iphoneが壊れたのは、あなたのせいではないよ。」と息子に言っている、自分の言葉に涙がこぼれていました。

偶然にも(多分、偶然ではない)5月5日は、親子がそれぞれ自分のことをするしかない日となりました。互いの自立がうれしいです。

ゲシュタルトは、いつか必ず崩壊する。それが自然の摂理なのだと、私は気づいています。

Waiting For Loveは、あの子が好きな曲です。辛く苦しい時、私を支えてくれました。
https://www.youtube.com/watch?v=-ncIVUXZla8


HISADA KAZUE

「自分らしく働くため」のキャリア支援に注力。キャリア開発セミナーを海外で企画するなど、キャリア教育のグローバル化を図っている。楽観主義と適応力が長所だと、自分では思っているのですが。。^^;