バンクーバー通信 №8

海外事業・カナダ
04 /10 2018


明日、帰国します。バンクーバーはやっと雨が止んで、今日は息子が9月から進学する専門学校、Vanartsを見に行ってきました。

結局イベントがあって施設の中まで入れなかったのですが、いつもランチを食べるお店や凄く安いカフェ、息子の学生生活を垣間見ていると、吉報が入りました。英語レベルをもう少し引き上げるよう、条件が付いていたLOA(入学許可書)。その条件が先月の試験でクリアでき、正式に入学が決まりました。帰国日前日、親子で喜びを分かち合えて、私も本当にうれしかった。

この上の息子は中学受験に始まって高校、大学と、いつも一番行きたいと思う学校に進学できないでいました。バンクーバーに留学したのも、志望した大学に合格できず仕方なくで、留学の目的意識はそう高くありませんでした。肝心の目的意識が低いと、サポートする親としても、現実に苦労することが何点かありました。

まず一つは、学校や専攻を変更したせいで、余計なお金がかかりました。今に思えば、東京の私立大学に進学させた場合と金額はあまり変わりませんでしたが、その時は先の目途が立たないので心配ですし苦労しました。目的がはっきりしていると、奨学金を組み合わせたりして、計画が立てられるんですけどね。

二つ目は、紆余曲折している間に留学生ビザの期限が切れそうになったことでした。ビザ取得時の留学先ダグラスカレッジを辞め、進路をどうするか模索している間に期限が近づいて来たので、通常は申請しないVisiter statusというビザを取得して、つなぎました。今後も留学コンサルティングの仕事をする身としては、役立つ体験になりましたけど。

バンクーバーに留学して、良かったんだね。

息子が自分で見つけた目的、描いた未来を見届けられたので、そろそろ私は帰ります。自分の仕事も待っているし。次回はバンクーバー通信最終回です。

「自分の進む道を知っている者に 世界は道を譲ってくれる」
ディビッド・スター・ジョーダン(学者・スタンフォード大学初代学長)

バンクーバー通信 №7

海外事業・カナダ
04 /09 2018


2018年4月8日、IGCバンクーバー事務所&息子の住居契約が成立しました。

毎日、雨が降る中、突き進む!現地でお世話になった不動産やさんは日本人で、私より若くてパワフル☆チャーミングな女性です。この方と一緒にいると、私を3倍したくらいのエネルギーになり・・・息子は夕方、鼻血出てました。。ひ弱なヤツです。4日にバンクーバーに着いて5日に出会い物件検索3件、6日には私の独断と希望、目的を遠慮なくガンガン伝え、バンクーバーの不動産事情をレクチャーしてもらい、7日に物件4件を回り、8日の本日、契約成立。プロの仕事は、やはり見事です。

最寄りの駅は、Skytrain: Main Street~Science World 幸運にも新築マンションをレントできました。夜景は部屋の窓からが見えるわけではないのですが、実はこの周辺は私たち親子の思い出の地なのです。

初めて2010年に短期で親子留学にやって来た時、毎日ハードでへとへとで、やっとの思いの休日にサイエンスワールドに子ども達を連れてきた時、本当にうれしそうな笑顔を見せてくれて、小学生の兄弟が可愛くて幸せな時間を過ごした場所なのです。一人留学した息子も時折この場所にやって来ては、写真を撮って送ってくれた夜景です。

ここから、また親子でスタートです。目的は違いますが、色々な方々のお陰で今があります。

バンクーバーでの事業は今年度後半に間に合うかどうかと思いつつ、ホテルで1人ビールで乾杯!と思ったら、慌ただしく買ったのでビールじゃなかったみたい。まぁ泡立っていれば何でもいいや。

日本人女性の不動産やさんは、4月に出会ったので、Aprilさん。彼女と出会えて幸せでした。本当にお世話になって、学ばせていただきました。
「ね~エイプリル!外国で女がビジネスするのに、何が大事かしら?」
Big voice!Open mind!Courage!女は度胸。

明日は帰国前日、息子の学校に学費を払いに行ってきます。。このタイミングしか多分、訪ねる機会はありません。
それでも20才の息子に付き添って行くと、この国では失笑されますの「あなた何しに来たのかしら?」って。

それでも一目、見てみたい。
福山から一人で遠い外国に大した目的もなくやって来て、「どうしても学びたい場所」と、息子が自分で見つけて選んだ学校だから。

バンクーバー通信 №6

海外事業・カナダ
04 /08 2018

今日は2018年4月7日、午前中どしゃぶりの中を物件探し。。午後には雨が上がり、住居も決まりました!

バンクーバーでダウンタウン近くの物件は、ごく希少なので即断しないと翌日には契約済みとなることが珍しくありません。前日に内見を予約していても「いざ行きます」の連絡を入れるとキャンセルされることも、しばしば。

長男の進学先が決まったので、親としては環境を整える最終調整ってところです。息子がバンクーバーに留学して変わったこと成長した(?)ことが何点かあります。
①声が大きくなった
②Computer Science から Media Artに専攻変更
③自分が行動しなければ何も得られないことを実感したようです。

バンクーバーでも桜が開花しています。息子は日本の桜の方がきれいと言うけど、どこで咲いても花は花、美しいものです。

長男のサクラはやっと咲き始めたような気がします。わが息子たちはマイペースで遅咲きのよう。

自ずと開くのを楽しみに、花冷えのバンクーバーを歩いています。




春休み✿バンクーバー短期留学

海外事業・カナダ
01 /15 2018
今日も寒いですけど福山は快晴で光が眩しいです。
昨日、次男のセンター試験が終わり、やれやれ~。試験問題にムーミンの国はどこかという問題が出たそうで、答えは私が留学したい国ベスト3に入っているフィンランド!私以外の家族は、ムーミンはノルウェー出身だと思っていたそうです。。

それはさておき、弊社では3月25日~春休みを利用して体験する、バンクーバー短期留学を企画しています。この時期は航空券も安いし長期留学の視察にも最適!ご一緒しませんか?対象は小・中学生ですが、弊社では親子留学から不登校生のアレンジ留学(日本の高卒資格取得可能)、海外の大学進学につなぐ長期留学はもちろんのこと、専門性を高めたい大人の留学までオーダーメイドの留学プログラムをご提供できます!

実はちょうどその時期、私は3月から長男が通学する専門学校近くの住居契約のためカナダ入りしています。また次回のバンクーバー通信でお知らせしますが、息子は専門学校から大学に編入学できるコースを選択して進学します。専攻を修了したら就職したいそうですが外国で就職するのは留学するより、うんと難しいので奨学金を少しでももらえるよう頑張って大学に進みインターンで稼いでもらう予定です。。あくまで後半は私の希望です(苦笑)。

春休みの企画に話を戻すと、日本はこの時期、進級進学の季節で愚息のように志望校に不合格だったり、浪人するかしないか不明だったり、不登校生にとっては進級できなかったり、新学期から学校に行けるかどうか、なかなか不安定な時期です。

そんな折の短期留学は、今後の可能性を探り進路の選択肢を増やす絶好のチャンスとなるでしょう!日本の学校環境に戻ろうと思えば全く差支えなく戻れ、海外の大学などへ進学を希望するなら9月の新学期に備えるのに、丁度良い時期なのです。

弊社の留学サポート実績は結構多様です。日本の大学を中退してカナダに短期留学、その後大学に進学した方、日本に戻って専門学校に進学した方、小学生や中学生でカナダの小中一貫校に留学した方、高校生で1年の予定で留学し帰国したくなくなって、そのまま現地のカレッジや大学に進学した方など、本人のご希望に応じてコーディネートできます。

カナダで美しい英語を習得すれば、どこの国で学ぶにしても働くにしても強力なツールとなるでしょう。

フィンランドは第一言語がフィンランド語なので、私の留学プランではカナダが先。息子には頼まれてないけどカナダの後を提案するなら、シンガポールかマレーシア。わが子も材料にして現在、国際教育プログラムの研究開発中です。この話はまたの機会に。(^-^)/
春休みバンクーバー短期留学

春休み✿バンクーバー短期留学

海外事業・カナダ
11 /01 2017


今日は秋晴れの良いお天気ですね。
写真は長男が留学しているバンクーバーBC州のサレー市から車で30分のホワイトロックという観光地です。

真っ青な空と海は、子ども達がいつまでもここで、カニを追いかけていたことを思い出させてくれます。

さて、来年3月の春休みバンクーバー短期留学のご案内です。

夏に比べて春は航空券が安いのでお奨めです。
イベントの対象は、小学生~中学生となっていますが、弊社では親子から大学生や大人の留学にも対応できます。

ご希望の期間や目的に応じて個別にコーディネートしますので、詳細はお問合せください。

Have a nice day.

HISADA KAZUE

「自分らしく働くため」のキャリア支援に注力。キャリア開発セミナーを海外で企画するなど、キャリア教育のグローバル化を図っている。楽観主義と適応力が長所だと、自分では思っているのですが。。^^;