「ワーホリじゃ、もったいない!」職業留学②

海外事業・カナダ
10 /14 2018
「ワーホリじゃ、もったいない!」職業選択のための留学(職業留学)のご案内
最近多い大学や専門学校の単位習得留学は、同級生達と集団行動、授業を終えると日本語でばかり話しているので、英語が上達せず、、何しに来られているのかな~?と思う場面に、よく出会います。

ワーキングホリデー制度は、外国で3か月程度、英語の勉強をして職業体験ができる貴重なビザです。
人手不足の日本は別として、留学生や経験の少ない若者が外国で働くことは至難の業…そしてワーホリの若者達が働く場所は、ほとんど飲食店です。

IGCが提供する先の職業留学プログラムでは、どうせ飲食店で働くのならフードビジネスの専門英語を7か月間しっかり学習し、プラス7か月間のインターン(Coop)で働きます(ワーホリは8か月)。

留学生ビザなので修了後に大学進学も可能でアレンジできます(ワーホリは帰国しなければなりません)。
また会計マネジメントや設計職など、所謂ホワイトカラーの職場体験は、ワーホリでは叶いません。

以上が職業留学の付加価値の高さです。
就労ビザにつながる可能性をもち、ご本人が望めば世界トップクラスの大学進学も可能です。

少子化の日本、大切な子ども達に質の高い教育を提供したく「若者たちよ、大志を抱け!」という思いでいます。
これまで留学した人、英語が話せる人は沢山いますが、外国で働ける人、英語で仕事ができる人はまだ多くはないです。

若いうちに少しでも外国で仕事をして、日本に帰ってきてくれたらな~と願っています。

ビル

「私の仕事は自分で選ぶ」職業留学①

海外事業・カナダ
10 /13 2018
「私の仕事は、自分で選ぶ!」職業選択のための留学(職業留学)のご案内
現在の日本は未曽有の人手不足に陥り、新卒学生や若者の求職者は引く手あまた…就職には不自由しないと思うかもしれませんが、問題は「仕事はあっても、自分に合った仕事を選べるか?」です。

私には到底、選べているようには思えません。就職しても相変わらず辞める方が多いですからね。。高校までは受験かスポーツ(うちの愚息達はゲーム)を頑張り、20才頃になって「あなたは何がやりたいの?」と聞かれても、恐らく判断材料に乏しいのではないかと想像します。

でも若者たちは、いくらでもやり直しがききます。そんな社会背景もあってか、最近の留学事情も変化してきました。
中学や高校の早期留学や、一度就職し退職後に留学する20代後半の若者達。

弊社では大学や専門学校からの単位習得留学、ワーキングホリデーより付加価値が高く、職業につながる留学をご案内しております。
対象は18才以上。専門性を高めたい方、国際的な仕事をしたい方、国内外の大学に進学したい方、自分の個性を活かした職業に就きたい方。まだ働くことにイメージがもてない方など、自己資源(リソース)探索としても有効な体験になるでしょう。

内容:①語学学校・カレッジ等(ESLクラス)

②ビジネス英語学習(観光ツーリズム・ホスピタリティ・フードビジネス・マーケティング・会計マネジメント・看護・健康福祉・設計デザイン・コンピュータサイエンス等々、多岐にわたる専門分野から選択)約7か月

③学習した専門分野の職業を現地企業にて職場体験(有償)7か月。その後、大学に進学することもOK!

就労ビザにつながる可能性も有り。英語教師(TESL)の資格取得を目指すことも可能です。


私の仕事は自分で選ぶ!

海外事業・カナダ
10 /06 2018

 タイトル「幽霊船!」デザイン制作:Y. HISADA

この画像を眺める度に、あの子は自分がやりたいことが勉強できるようになって良かった~と、しみじみ思ってしまいます。
相変わらずの親バカで恐縮でございます。

バンクーバーで映像制作を勉強中の、長男初めての作品なのです。私が作品をずっと「見せて~見せて~」と、せがみまくって「先生にほめられたよ」って、やっと見せてくれました。

自分が進みたい道を歩み始めて、親としては少しホッとしつつ、わが子だけでなく次世代の子ども達や若者達には、自分が興味がもてること、得意なことを進路に活かしてほしいと願ってきました。

今秋、弊社では「自分の仕事を選ぶ」ための留学プログラムを新企画!ご案内申し上げます。

日本人の仕事

海外事業・カナダ
08 /26 2018
オフィス

こちらは8月26日の日曜日夜です。今年の夏休みは久しぶりにゆっくりできた感じです。
カナディアンの友人に言わせると‥Just 10 days? Very short!だそうですけど。。この数日で働かれている日本人と出会いました。

まずはバンクーバー国際空港の出発ロビーで行われていたJAL日本航空のイベント「折り紙ヒコーキゲーム」にて。
子どもたちが楽しそうに紙飛行機を飛ばしていました。その傍でスーツ姿の男性職員さんが和かながらも、じっと見守られていました。

次は日本人のホットドッグ屋さん。先ほど、この周辺を散策していて見つけました。http://www.japadog.com/
前から知ってはいたけど食べたのは初めて。やっぱり日本人が作るものは美味しい!お互い日本人だと分かると、ちょっと嬉しい感じ。ありがとう。

外国にいると日本人の仕事に品質の良さや誠実さ、繊細さを一際感じます。

さぁ明日から私もバンクーバーオフィスにて、お仕事再開!がんばります。

Summer vacation in CANADA5

海外事業・カナダ
08 /23 2018




今朝バンフからカルガリーまで駆け抜けて午後バンクーバーに戻りました。

カモメと飛行機が飛び交うYVR✈️


HISADA KAZUE

「自分らしく働くため」のキャリア支援に注力。キャリア開発セミナーを海外で企画するなど、キャリア教育のグローバル化を図っている。楽観主義と適応力が長所だと、自分では思っているのですが。。^^;